金襴の由来

絹は発祥が古代・中国、紀元前三千年から紀元前二千年の頃には養蚕し、繭から糸にする製法で絹・絹織物が生産されます。紀元前二世紀頃には前漢の武帝が後に「シルクロード(絹の道)」と呼ばれる交易路を開き、西は古代ローマに東は日本まで繋がります。

また、金を織物に用いたものは古くは金の薄板を生地に縫い、または貼り付ける織物がシリアやトルコ、ペルシャ方面にあり、やがて金の薄板を細く切り、糸に交える金糸が造られ、綴れ織りや刺繍用に用いられます。中国ではシリアなどから金糸を輸入して綴れ織りや刺繍用の同様に用いており、のちに紙に貼った金箔を糸に交える細くある程度の強度を持つ金糸に発展させ、やがて十世紀の宋代に紋織の織物、織金が生産されます。

日本にも、大陸からの人の往来や渡来人の帰化とともに養蚕も製糸、絹・絹織物も古代に伝わっています。機織・縫製の技術は三世紀後半、応神天皇(譽田天皇)が渡来系氏族の弓月君、秦氏(はたうじ)一族の帰化を許し、土木や養蚕・機織などを行なわせ、技術を伝えさせ、また中国・呉国から織姫・呉服媛(くれはとりのひめ)・穴織媛(あやはとりのひめ)・兄媛(えひめ)・弟媛(おとひめ)の四姉妹を招聘し、習得します。また仏教が伝来した飛鳥時代の遣隋使・遣唐使や交易路「シルクロード(絹の道)」で中国から輸入された品々、金襴などは奈良の正倉院の宝物殿などで伺うことができます。

金襴はもともと中国・宋代に紋織りされた織金という唐織物の一種で、平安時代中期には日宋貿易などで都の京都まで船載され、鎌倉時代に中国・明から禅僧が伝法のしるし、袈裟(金襴衣)の裂を持ち帰り、日本では転じて金襴と呼ばれているようです。室町時代には茶道の仕覆や軸物の表装などに用いられ名物裂として伝えられています。紋織や高機の技術は安土桃山時代に中国・明の織工が堺に伝え、堺から京都に伝来します。そして100年以上のちの江戸時代に品質も伴い、ようやく京都・西陣が金襴の主産地になり、有職故実のものが織られ始めています。金襴緞子の帯しめながら、花嫁御寮は何故泣くのだろ…と唄う、童謡「花嫁人形」をご存知の方も少なくなっていますが、京都・西陣で金襴緞子の帯などが織られるようになるのはその少しのち、約300余年後のことです。

また、ほどなく「誉勘商店」の初代誉田屋勘兵衛(松井勘兵衛)も金襴絹織物・各種金襴裂地製造卸商を京都室町冷泉町で創業いたしております。