金襴

金襴について

金襴のベースとなるものは絹糸と金糸金箔です。そして、綾・繻子・錦・緞子などの地に、緯糸に金箔を巻きつけた金糸や、細く切った金箔を絵緯に紋様を浮き出るように織り出す織物を指します。「金襴緞子のよう」という言葉があり、豪奢・華麗、はなやかと同じ意味をもちますが、その名のとおり金襴は精妙で織物の中では最高位と称されています。そして、華なり(はんなり)としてわびさびの風合いを持つ、銀糸を用い絵緯に織り出す生地は銀襴と言い、そして、プラチナを用いて共に紋織で織り込むことも出来ます。

金襴は日本独自の伝統産業品としてだけでなく、和・洋を問わず、文化・美意識を表現されるものなど、さまざまに用いられています。有職故実な装束・袈裟・人形裂地や能衣装、表装・和装小物などに用いられており、晴れの日の金襴緞子の帯や花嫁衣裳・晴れ着、お祭り、節句の雛人形や五月人形の衣装や茶の湯の名物裂など様々な生活の中にも身に纏われ、また目にされています。弊社の金襴裂地も伝統的工芸品をお扱いになる企業様や伝統工芸士の匠の方々に多く用いていただき、展示場などでも「誉勘商店」の金襴裂地を用いていますなどと表され、ご覧いただく事もございます。

そして、織物としては西陣織に係わらず、経(たて)糸と緯(よこ)糸により表現するものであり、 同じ正絹糸・金糸金箔を使ってもその織り方、糸の選択、糸の太さ、糸の染め方、糸の撚りのかけ方、また使用する織機・織手の力具合によっても光の反射が変わり、色の見え方が変化します。特に、金襴は色のとり方、織り方などにより微妙な紋様を巧妙に表現することができ、風合・紋様・用途に依る裂地巾などによっても、さまざまな種類が生まれています。

誉勘商店では小売をいたしておりませんが、宗教用金襴(袈裟、打敷等)の製織お仕立て上げ、装束、袴、お祭のお飾り衣装、昔の生地の復元、舞台衣装についても、絹の織物を使用したものの製作についてもお問い合わせ下さい。お客様のご要望を最もよい形で表現いたします。