創業260余年 誉勘商店の最高級正絹織物

創業以来、京都室町で金襴絹織物・各種金襴裂地製造卸商を営み、現在で十三代目を数える京の老舗です。
各宗別誂織袈裟地・打敷地・装束・衣装・祭用復元物・小物用裂地 ・表装用織物・人形用等を扱っております。
特に人形衣装用裂地として、絹と色目にこだわった織物を 全国の有名各店に納めております。

誉勘商店の製品は、最上質の生糸のみを使用し、図案・配色・風合いを吟味、京都の多くの職人の手を経て最高級の絹織物を製織致しております。
近年は常にオリジナルな個性を持った商品製作を心がけており、お打合せに始まり、具体的な織物のデザイン、風合い、価格まで、ご要望に合わせて織物作り全体をプロデュース致します。

お知らせ

2014.12.08
年末年始の営業スケジュールについて
12/27日(土)~1/4(日)まで休業させていただきます。
年始は1/5(月)より平常営業いたします。
2013.02.07
平成26年度 新作錦金襴発表会
日時:2月18日(火)~2月20日(木)午前9時~午後5時(最終日は午後3時まで)
場所:株式会社誉勘商店本社
※「新作錦金襴発表会」は、長年の歴史を誇る「互錦会」会員として毎年継続して開催しております。
2013.10.02
NHK 歴史秘話ヒストリア「明治の京都へおこしやす ~千年の都 復興ものがたり~」の取材を受けました。
当家は、はまぐり御門の変にて、京都の中京区下京区がどんどん焼けと言われる大火に消失してしまいました。この時に当家の土蔵が焼け残り、それについての取材でした。